2009年10月6日

プレスカブ+郵政カブ?

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/10/06/042/index.html

少し前にモデルチェンジしたスーパーカブ110の積載量アップ版登場。
14インチタイア採用ということで郵政カブっぽく、新聞配達のプレスカブとの中間といったところなんでしょうか?
排ガス規制をクリアするためにインジェクションにしたのは凄いんですけど(従来からインジェクションモデルはありました)、積載量アップ版にもかかわらずドラムブレーキってどうなんでしょうねぇ?

2 件のコメント:

じゃじゃりガン さんのコメント...

ありゃ、カブって高いんですね~。
チョイ乗りとして買うには、ちょっと考えてしまうお値段ですね。

スクーターよりもそうですが、排気量がちっこいからといって安値なわけではないのが、二輪車の価格。
逆に需要が多いから、強気な価格設定というのもある?

ドラムブレーキのバイクを運転したことがないのでわからないのですが、あえてドラムにした理由・・・。
コストのことくらいしか浮かばないです。

じゃじゃりガン

Marlowe さんのコメント...

じゃじゃりガンさん。
スーパーカブの耐久性からするとこの値段は妥当というか安いんじゃないかなぁ?
スクーターの数倍耐久性あると思いますんで。
インジェクションにしたのは環境性能を向上というよりも排ガス規制という規制からで、安全性能であるブレーキがドラムのままってのは法規を満たしているからコストを優先させたのかなぁ?って、本田の姿勢にちょっと?浮かんできました。
リアドラムってのはアリだと思いますけど。