2008年5月12日

ODA850






       ODA         D U N  H I L L  MADE IN 
EX         F/T                                                                                 S
       850          SHELL BRIAR ENGLAND3 4

上のEXの刻印は実際には右に90度傾いて刻印されています
Englandの後の数字は潰れてて読みにくいのですが、恐らく3
その後ろに数mm空けて投げやりに傾いて4
そこから3cm程離れてSの刻印(これ多分上下逆だな)
全長16cmといったところでしょうか、手持ちのDunhillの中では最長。
グループサイズの標記がないのは仕様なのかどうなのか?
スペースはたっぷりあるんですけどね(笑)


ステム曲がってたし・・・
DateCodeから1963年64年販売だと思うのですが、ボウルの前後の
ブラストは60年代にしてはちょっと深めかな?前半だとこんなもんかな?

2 件のコメント:

oldebriars さんのコメント...

こんにちは。

ODAにはグループナンバー刻印はないです。
ODA自体が
Oversized Dunhill size = A
の略称と言われていますから。
(元はといえばOwn Design difficulty Aの意味が、1950年以後オーバーサイズパイプを示す刻印に転用されたものです)
なのでハンドメイドのボウルサイズ比較対象として"Dunhill ODA Capacity"と言われたりもします。

それと刻印のEXは、交換品を示すスタンプです。ギャランティ範囲内(ボウルのみの保障、一回限り、一年以内)でパイプを交換してもらったパイプに打たれる刻印です。

しかしもうODAとは…w

Marlowe さんのコメント...

oldebriarsさん、いらっしゃいませ。
ODAはOwn Design~の略というのは知っていましたが
その後Oversized Dunhill size=Aの略を意味するように
なっていたのですね。
勉強になりました。

EXが交換品を示すスタンプということは、ホワイトスポットの1年保証を使ったということですか。
なるほど〜